thumbnail

代表やまだ「お仕事の話」

 

 

皆さんこんにちは!
ネクサス代表の山田です。

 

 

本日のコラムは大阪から東京へ向かう新幹線の中で書いています。
仕事で大阪に来るのは毎月1、2回ありますが緊急事態宣言解除となった大阪は家族連れも多く天王寺駅近辺を歩いていたら人通りが明らかに増えていました。

 

 

緊急事態宣言中も不要不急ではない仕事の時は大阪に来ていましたが新幹線も16両編成で全乗客3人とかでした。今となっては窓際が埋まるくらいには人が乗っているので経済活動を再開する人も増えたんですね!

 

 

さて今回はよく聞かれることが多いので仕事の話を少しさせて頂こうと思います!

 

 

「本業ってなんですか?」
すごく聞かれますし、初めましての方に聞かれることが本当に多いですが本業はネクサスです。
厳密にいうといくつかの事業がありますが本業、副業のカテゴライズはないですね!

 

 

大学生のときに始めた中古車屋から私の社会人人生は決まりました。
その後就職活動もせずいろいろな業種を経験させていただきました。
起業するときに尊敬する先輩から、
これからは一つのことを極めるより複数の収入の入り口を持っている方が強い
とアドバイスいただき実践し、今でもこれを守っています。
向き不向きはあると思いますが今になって思うとこのアドバイスを聞いてホント大正解だったなと思います。
今から15年前くらいに頂いたアドバイスなのでほんとに先見の明がありますね!
その先輩は唯一無二のクルマ屋さんを極めるべく日々奮闘してるみたいです笑

 

 

なるべく3つの事業を並行して行うように今までやってきました。
今までどんな仕事をしてきたか、今ネクサス以外にどんな仕事をしているかはまたの機会にお話しするとして、赤字が続いたり、先がないなと思って撤退したりした事業はありましたが、上手くいっているにもかかわらず別の要因でその事業ごと継続できなくなってしまうということが今までに2回ありました。
その際も別事業があるのでいきなり生活が困るということにはなりませんでしたし、この考え方が正解なんだと確信した瞬間でした。

 

 

東日本大震災だったりリーマンショックだったり人間関係だったりわたしが遊びにハマっちゃったりいろいろありましたが今こうして生活はなんとかできております。

 

 

そこで出会ったのが格闘技団体経営というお仕事でした。
格闘技団体を旗揚げするまでの話は本当に長くなるのでどこかでシリーズ化したいですね。
イベントスタッフ時代の話で今だから話せる話もたくさんありますし!

 

 

今までのやってきた仕事も好きでやりたくて始めたものばかりでしたが、格闘技の仕事は本当に大好きでやりたくて今でも毎日ワクワクして刺激的な仕事です。

 

 

 

そして他の事業と明確に違うところがあって「赤字でもやめたくない仕事」だということです。
しかもある程度のものまで犠牲にしてもやめたくないとさえ思える仕事です汗
団体を旗揚げして6年目となるネクサスですが正直大会で黒字が出たことは数回しかありません。
今まで人に言えなくらいお金を使ってきましたし、ネクサスで使うお金を稼ぐために別の仕事をするみたいなスパイラルに入っています。。

 

 
仕事でやる以上黒字にしないと一人前じゃないと先輩プロモーターにお叱りを受けたりしていますが、一連のコロナ騒動で世界中の格闘技イベントが中止、延期に追い込まれていますが大会ができないことで生活が楽になった主催者は世界でわたしだけではないでしょうか笑
大会ができなくて残念でなりません、何より大好きなプロモーターの仕事ができないわけですから。

 

 

プロモーターの仕事って何するの?というお話は今度ゆっくりさせていただきます。
今回は収入の入り口を分けて生きていたらとっても格闘技の仕事に出会えて毎日幸せです。
というお話をさせていただきました。

 

 

緊急事態宣言が解除されましたがワクチンができたわけでもなく、コロナウイルスがなくなったわけでもありません。みなさまくれぐれもご自愛くださいませ。

 

 

それではここまでお読み頂いてありがとうございました😀

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TOP